西鉄天神駅から歩いて5分 福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-10-3F サトウ・ヤスナガ矯正歯科

サトウ・ヤスナガ矯正歯科

歯科衛生士の仕事

An Oral Hygienists's Work

歯みがき指導

■歯みがき指導とは?



矯正をつけると、汚れがつきやすく落としにくくなります。通常時の2〜5倍虫歯になりやすくなると言われています。
また、歯の汚れは虫歯だけでなく歯周病も引き起こします。
矯正中にいかに虫歯や歯周病から守れるかが矯正成功の一つのポイントとなります。
そこで、矯正前・矯正中の歯磨きの仕方を覚えて、虫歯や歯周病を防ぐのが歯みがき指導です。


■具体的な内容



1.矯正前:矯正装置がついて困らないように、装置がつく前に基本的な歯みがきを覚えましょう。

虫歯や歯周病の原因、なりやすい場所、その予防法を説明します。
歯科衛生士は全員、矯正経験者です。経験上のアドバイスも交えて虫歯や歯周病から歯を守るよう、サポートしますのでご安心ください。
練習の前に、まず、唾液中の細菌検査。それから、自分のみがき癖を自己チェック。
そして、自己流の歯みがきでは落とせない汚れをどうすれば落とせるか、模型や資料・検査結果・口の中をみて、説明し、自宅でもできるように練習します。
歯と歯の間の汚れを落とすデンタルフロス、奥歯や歯ブラシが届きにくいところを磨くポイント磨き用の歯ブラシ、フッ素やキシリトールの説明などお一人お一人にあった説明をおこないます。


2.矯正装置がついた日:矯正装置の周りをみがく方法を説明し、実際に練習します。


歯ブラシに角度をつけ、歯と装置の周りを磨きます。

次にワイヤーの下や、 装置の側面を歯間ブラシで落とします。

さらに細かいところをポイント用の歯ブラシでなぞるように磨きます。

3.矯正治療中:歯肉の変化・汚れや歯の状態をみて必要な場合、再度説明と練習をします。



▲ページ先頭へ戻る 前ページに戻る次のページへ

サイトマップ

リンク集