舌側矯正

舌側矯正

舌側矯正について

矯正は、これまでは装置を歯の表側に装着して行うことが一般的でした。しかし最近、成人の矯正希望者が増えてきており、見た目の問題から、外から見えにくい矯正を希望する方が増えています。そのような方に適切な矯正治療が、歯の裏側に矯正装置を着ける「舌側矯正」です。舌側矯正は、「裏側矯正」や「リンガル矯正」とも呼ばれます。

ネットでは、舌側矯正は治療の仕上がりが悪いとか治療期間がかかると言われてるようですが、当院では舌側矯正だからという理由でそのようなことはありません。治療費と見た目で装置をご検討くださいと患者さんには説明してます。

当院では、皆さんのご要望に応える意味で、20年以上も前から舌側矯正を行い、数多くの実績があります。矯正器具が目立つのが嫌で治療をあきらめていた方も検討してみていはいかがでしょうか。

治療前 特に何も記載されていませんが、問題ないでしょうか?
治療中 ※上下ともに装置が入っていますが、装置はほとんど見えません。
治療後 特に何も記載されていませんが、問題ないでしょうか?

こんな方におすすめ

  • 矯正中であることを人に知られたくない
  • 仕事で人前に立つことが多い
  • 仕事上、人と話す機会が多い
  • 矯正中も審美的なダメージを受けたくない

一般的な矯正治療との違い

一般的な矯正ともっとも異なるのは、矯正装置を歯の裏側(舌側)に着けることで、大きく口を開けない限り、外からは全く見えない状態で矯正治療を進めることができる点です。審美的な面で患者さんの心理的なストレス軽減にもよい効果が期待できます。

舌側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 矯正装置を歯の裏に着けるため外から見えにくい
  • マウスピース型矯正装置のように症例を選ばない

デメリット

  • 矯正装置が舌に当たるため気になりやすい
  • 人によって発音しづらくなることがある
  • 裏側に装置があるため歯磨きに注意が必要である

期間について

治療期間や仕上がりは、表側からの矯正と何ら変わらないと思って頂いて構いません。

費用について

舌側矯正は一般的な矯正よりも装置作成に工程がかかるためその分費用が高額になります。
費用は総額おおよそ1,150,000円(消費税別)~です。

まずはお気軽にご相談ください

歯にお悩みの方はいつでもサトウ・ヤスナガ矯正歯科までお問い合わせください