西鉄天神駅から歩いて5分 福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-10-3F サトウ・ヤスナガ矯正歯科

子供から大人まで目立たない装置

矯正の種類

Kind of Orthodontics

子供の矯正

成長時期に合わせて早期治療を行なうことにより、骨格や歯の不調和、機能異常を治し本来の成長発育に近づけることができます。
矯正を始める時期に関しては様々な意見がありますが、基本的にはお子様の症状の程度、検査、診断、観察により適正な時期を決めるのが望ましいと思われます。お子様の歯並びが気になるようでしたら、早めに一度ご相談ください。

(1)出っ歯(上顎前突)



【症例1】
治療前
治療中


下顎の成長が悪いので、この装置を使って下顎の成長を促進させました。この後、本格的な治療を行ないます。

  このようにお口の中に入れてかみしめます。



【症例2】


治療前 治療中
上の前歯が出ています。
ヘッドギアを使って上顎がこれ以上出ないようにします。
ブラケットを付けて、きれいな咬み合わせを作っていきます。


ブラケットとはワイヤーを維持するための歯面につける付加装置で、現在最も多く使われる装置です。
材質は金属、審美的な面からプラスチック、セラミック製のものも多く開発されています。


ヘッドギア

写真のような装置を使って上顎の成長を抑えます。
装置は一日12〜14時間以上使用してもらいます。


(2)受け口(下顎前突)



治療前
治療中

フェイシャルマスク

写真のような装置をつけ、上顎の成長を促します。
装置は一日12〜14時間以上使用してもらいます。


▲ページ先頭へ戻る 前ページに戻る次のページへ

サイトマップ

リンク集