西鉄天神駅から歩いて5分 福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-10-3F サトウ・ヤスナガ矯正歯科

歯並びが気になる方はこちら

矯正治療について

About Orthodontics

矯正装置(マルチブラケット)

矯正治療には様々な装置が使用されていますが、近年最もよく使用されているのがこのマルチブラケット装置です。
このマルチブラケットとは、ワイヤーを維持するため歯の表面につける装置であり、歯を効果的に動かす役目を持っています。
以下にマルチブラケット装置の種類をあげていきます。


金属(メタル)
一番基本的な材質です。
欠けたりしにくく、丈夫です。
ゴールド
金属アレルギーのある方
向けの装置です。
セラミック
目立ちにくいです。
セラミック(色つきゴム)
カラフルでかわいいです。
セラミック(目立たないワイヤー)
金属のワイヤーが白色でコーティングされています。
オールセラミック
金属アレルギーのある方向けの装置です。ワイヤーにも金属アレルギーが少ないようにプラスチックを使用しています。
リンガル(裏側からの矯正)
表からは装置を着けていることが全く分かりません。
リンガル裏面
 
※当クリニックでは患者さまと相談しながら最適な矯正装置をお選びします。

マルチブラケット装置を使った治療の流れ
奥歯に金属の装置(バンド)をつけます。
  奥歯なので大きくお口を開けなければ目立つことはありません。



前歯に装置(ブラケット)をつけます。
  特殊な接着剤で貼り付ける四角い装置で、ワイヤーを通すための溝(スロット)があり、これにワイヤーを通して歯を動かしていきます。
ブラケットは金属(メタル) や透明なセラミックやプラスチックがあります。

金属(メタル)
セラミック/プラスチック

歯の高さをそろえてでこぼこを治していきます。


歯を抜いた人はその分の隙間が無くなるように歯を動かしていきます。

ループのついたワイヤーで
隙間を閉じていきます。 
ゴムの力で歯を動かしていきます。

硬くて太いワイヤーを通して最終的な調整をし、かみ合わせを良くしていきます。
  ゴムを使用してもらう事もあります。

ゴムのかけ方は患者さんに
よって異なります。


▲ページ先頭へ戻る 前ページに戻る次のページへ

サイトマップ

リンク集