西鉄天神駅から歩いて5分 福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-10-3F サトウ・ヤスナガ矯正歯科

サトウ・ヤスナガ矯正歯科

新着情報・おしらせ

News

■4医院交流会を行いました。 更新日時:2017/11/22

2017年11月16日(木)に、毎年恒例の4医院の交流会が開催されました。参加の歯科医院は山口県周南市の丸山矯正歯科から丸山先生とスタッフ4名、熊本の熊本歯列矯正センターから池上先生とスタッフ5名、八女市のユアーズ矯正歯科から久保田先生とスタッフ7名、当医院から、佐藤、安永とスタッフ14名、合計30名で、今年は久留米のホテルエスプリの会議室にて勉強会を行いました。
午前中は、各医院より担当者が各テーマを発表し、当医院からは歯科医師の佐藤が発表しました。
各医院の発表は、最新の情報を学ぶことができたり、またそれぞれの医院が日々の診療のなかでの問題点などをディスカッションできたり、とても有意義な勉強会でした。
そしてお昼のランチでは、医院の垣根を越えて、日頃の仕事の話や、趣味の話などとても楽しくコミュニュケ―ションを図ることが出来ました。


午後の部では、講師の医療法人社団ブライトデンタルケアの理事長、金子正明先生と
マナーセミナー講師の小林 智子先生をお招きして講演して頂きました。

金子先生は、歯科医師として東京青山にブライトデンタルケア青山を開業され、その後は理事長としても関東を中心に数多くの歯科医院を開院されています。今回の講演では「歯科における5Sの重要性」という内容で、カイゼンも重要な要素だと金子先生はおっしゃっており、スタッフ全員がアイデアを出し合い、改善や方法を生み出していくこと。そうすることで、「ムダがなくなり、効率が上がり、利益が上がる」活動である。その改善を成功するために5Sが必要だとのことです。
5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」の頭文字をとったもので、単純に片付けということではなく、いかに無駄を省き、効率的に仕事をし、それを続けていくことで職場環境をより良いものにしていくというものです。当院でも以前から改善を取り入れており、今後も皆が働きやすい環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

次に、小林先生の講演では「歯科スタッフのためのコミニケーションスキルアップ」について講義して頂きました。小林先生は、大学を卒業後、販売職・社長秘書・歯科医院受付を経験した後、ブライトデンタルケア青山に入社し、出産を機に、経理・事務・労務などを学び、復帰後にエグゼクティブマネージャーに就任し、現在はその経験を活かしマナーセミナーやコミュニュケ―ション講座を開催されている先生です。お話では、コミュニケーションの重要性を話していただき、そのなかでEQ(心の知能指数)という言葉が登場しました。EQとは、誰もが生まれながらに持っている能力で感情を上手く管理し、環境にふさわしい行動や言動を取る能力のことです。EQが高ければ、気配りが出来たり、コミュニケーションを上手くとれたり、空気が読めたり、雰囲気作りがうまいなど「良好な人間関係」を作ることが出来る=「仕事での成果が上がる」とのことでした。これ以外もコミュニケーションスキルアップの方法を沢山学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごせました。

今回学んだことを、日々の診療に活かしていきたいと思います。


[全て表示]


▲ページ先頭へ戻る 前ページに戻る

サイトマップ

リンク集