西鉄天神駅から歩いて5分 福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-10-3F サトウ・ヤスナガ矯正歯科

サトウ・ヤスナガ矯正歯科

新着情報・おしらせ

News

■日本睡眠歯科学会総会・学術集会に参加しました 更新日時:2017/11/10

歯科医師の佐藤英彦は11月3日4日に岩国国際観光ホテルで開かれた、第16回日本睡眠歯科学会総会・学術集会に参加しました。
初日の日課は「睡眠歯科医学基礎講座2017」がありました。
内容は
「閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)とは」
〜睡眠生理,OSAの病態,合併症,PSG検査結果の読み方
「歯科で行う検査」
〜OSA患者の全身的・局所的特徴,評価法,Oral Appliance治療効果予測
「Oral Appliance(OA)治療について」
〜OAの作用機序,作製方法,下顎タイトレーション副作用,フォローアップ
「医療連携」
〜医科歯科連携のコツは何か?
「Continuous Positive Airway Pressure(CPAP)治療」
〜CPAP治療の概要,利点,欠点,医科歯科連携における要点

の講演と共に、
「歯科衛生士・歯科技工士のためのイブニングセミナー」
〜Oral Applianceの作り方,簡易睡眠検査の体験

がありました。
二日目は朝より

「内視鏡実演」
〜睡眠歯科領域への応用
「なぜ高齢者の誤嚥性肺炎は夜つくられるのか?という謎の解明へ」
〜睡眠中の嚥下動態について
「社会歯科学からみた睡眠歯科」
「医科の立場から見た歯科との医療連携」
「閉塞性睡眠時無呼吸症候群とは何か?」
〜歴史的視点から混乱の過程をふりかえる〜
「OSA に対する歯科的治療を成功させるために何をするべきか」

が、ありました。
睡眠は医科との関係が非常に重要であるとともに、子供から老人に至るまで、健康・生命に関わる分野であると痛感しました。
当クリニックでも睡眠時無呼吸の患者さんのスリープスプリントの製作・治療も数多くやっていますので、更なる研鑽を続けていきたいと思います。


[全て表示]


▲ページ先頭へ戻る 前ページに戻る

サイトマップ

リンク集